2006年12月10日

セバスチャン

昨日、執事や運転手といえば「セバスチャン」っていうイメージ、と書きましたが、今日たまたま母とそんな話に。

私 : 執事といえば「セバスチャン」だよね
母 : えっ、「セバスチャン」って執事っていう意味なのよ
私 : うそ!? そうなの?
母 : うん
私 : ……でもセバスチャンっていう名前の人もいるよね
母 : いるね
私 : じゃあ その人は生まれついての執事ってこと?
母 : ……そう突っ込まれると困っちゃうんだけど



あ や し い


ということで、調べてみました。

「アルプスの少女ハイジ」などの影響で、「執事といえばセバスチャン」(逆もまた然り)と連想する人はかなり多いようですが、言葉の意味としての「セバスチャン=執事」というのは出てきませんでした。

またうっかり騙されるところだった。危ない危ない。



posted by ニャゴ at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。