2006年12月14日

想ひ出

さっきCSで「ちびまる子ちゃん」(初期の)を見ていました。

まるちゃんがお母さんに髪を切られすぎて、
「これじゃカッパじゃんか!学校行けないよー!うわーん!!」
と泣き叫ぶのを見て、自分のことを思い出しました。

ワタシの場合は保育園の時に、やはり母に髪を切ってもらったところ
ものすご〜〜く短くされて、
「髪の毛返せーー!!うわぁーーーん!!」と泣き叫びました。

わりとみんな同じような思い出があるのかな〜。

今となっては母にすべてを委ねるなんて恐ろしくてできませんが、子供の頃は母がすべて。母は正しい。ママの手は魔法の手。なんでもできちゃう不思議な手。だと思い込んでいたのだものね〜。ああ、恐ろしや。

母ネタ続いてすみません。
ちなみにさっきも、ものすごい破壊力の絵を持ってきました。懲りないやつめ。


posted by ニャゴ at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。