2011年05月19日

あこがれ

駅の雑踏を歩きながら考えたシリーズ。

女友達が女性タレントについて「可愛い」「綺麗だ」「大好き」と話すのを聞いた後、その女性タレントを見かけた時に、「あれ、友達にちょっと似ているな」と感じることがあるのです。

「あの人がこの人を好き」という情報によってそう見えるのか、無意識に自分に似た顔の人を好きになるのか。それとも好きだから近付きたくて似てくるのか。

ワタシは天海祐希や上戸彩を「綺麗だ」「可愛い」と思うのですが、ひょっとして似ているのかしら……。

似てませんよ。知ってるよ。

そもそも女性タレントに似ていると言われたことはほとんどなく、10年ほど前に混雑した電車の中で見ず知らずの酔っ払いに「アンタ田中裕子に似てるな!」と言われたことがあるくらいです。

田中裕子への憧れは特にありませんが、ジュリーが旦那なのはちょっと羨ましいと思います。

と、そんなことを書きながら、母がキティちゃん好きの同僚に「そういえばキティちゃんに似ているよね」と言ったら、微妙な顔をされたという話を思い出しました。

これはちょっと話が違うか。



posted by ニャゴ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。