2011年02月20日

餃子職人への道

今日の夜ご飯は久しぶりに餃子ー。

image/2011-02-20T20:48:35-1.jpg

わっせわっせと包みに包んで45個!(一人暮らしです)
10個ずつ食べて3日分、15個は親に持っていこうと思います。

子供の頃からお手伝いしていたので、餃子包みだけは得意。

10年ほど前に学生時代のサークル同期で餃子パーティをしたことがあるのですが、当時のワタシは「料理……(^ω^ )」という人間だったので、タネ作りや焼き係に加わることができず、ひたすらニンニクをすったり(後日指先の皮がベロンベロンになりました)、男性陣と共にひたすら包んだりしていました。

その時の賞賛の嵐といったらもう!
「お前すごいな!ちょ、教えて!」と次から次へと言われて鼻高々。

……全然威張れることじゃないんだけどね。
その他の事は何ひとつできなかったんだから。

そんなワタシも今ではタネから自分で作ることが出来るようになりました。いやー、人間って、成長するんですね!

でもあまり上手に焼くことができないので、自分で「これは完璧!」と胸を張って言えるだけの餃子はまだ出来ていません。焼き方は母に教わったのですが、そういえば母も餃子を焼くのはあまり上手ではなくて、ボロボロの餃子がよく食卓に出てきてたっけ(笑)。

まだまだ修行が必要だな!


posted by ニャゴ at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々にこちらへ。

ウチも昨日餃子だったので色々と焼き方を検索して
ためしてガッテン(リンク参照)の方法で焼いたら上手くいった!
けど餃子の焼け具合って、並べる量とかその日の運(笑)で
結構変わる気がする。
羽付き餃子も好きなんだけど、失敗してどろどろに
なることもあるし。・・・奥深いな、餃子。
Posted by くみ at 2011年02月21日 17:18
>くみちゃん
やっぱり行き着く先はガッテン技かー!
リンク先見てみたけど、焼き方は母に聞いたのと
だいたい同じような感じだったから、
母もガッテンで見たのを教えてくれたのかな。
次は水の量を少し変えてみよう、うん。

羽つき、時々写真見て「すごいなー」と思ってたよ〜。
焼き方も色々で、ホント奥深い……。
Posted by ニャゴ at 2011年02月21日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。