2011年05月25日

フェス初め

毎年この時期に横浜で開催されている「GREENROOM FESTIVAL」に今年も行ってまいりました。

昨年は1日だけだったけれど、今年は2日間参加。
今年も昨年と同じく赤レンガ特設会場での開催でした。

1日目はそれはもういいお天気のフェス日和。
COOL WISE MAN→bonobos→坂本美雨(ちょっとだけ)→OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND→MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO→EGO-WRAPPIN'→ハナレグミと、盛りだくさんで楽しんできました。

しかしながら、2日目はあいにくの雨。
LITTLE TEMPOを見たあと、中抜けしてワールドポーターズでお昼を食べている間に雨が降り出し、その勢いは増すばかり。しかも寒い。特別見たいものもなかったので動く気になれず、夕方までお茶しながらダラダラ。

18:00からのSPECIAL OTHERSを見るために再び外に出た頃には雨も小止みに。「雨を止ませるバンド」と自らが言っていた通り、スペアザの演奏中にすっかり止んで、次のスカパラの頃にはカッパ要らずになっていました。これは欣ちゃんパワー?

雨のせいか、1日目よりも夜まで残っている人は少なく、非常に快適でありました。

今年はフィッシュマンズ@野音も雨、今回も雨と、野外は雨続きの2連敗。(今回の1日目は晴れたから1勝2敗か?)
次の野外はスペアザ@野音。こんどこそ晴れますように!

■COOL WISE MAN
メインステージからはちょっと離れた小さめステージ。
太陽の下、芝生の上でわいわい楽しかった〜。
LIKKLE MAIちゃんが3曲ボーカルで参加。
「今日はこれを歌いに来ました!」と歌った「HOME SWEET HOME」(だったかな)が素敵でした。

■bonobos
メインステージのSKY STAGEにて。
「thank you for the music」が空に解けて、気持ちよかった。

■坂本美雨
赤レンガ内GALLERY STAGEにて。
最近ラジオで新作を良く聴いていて、気になっていました。最後の「ネバーエンディングストーリー」をすこぅしだけしか聴けなかったけれど、涼やかで素敵でした。


■OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
「ビスコ」のCMで気になっていました。
BRAHMANの方のバンドだったと、パンフを見ていて初めて知りました。すごく良かったので、エゴ×OAU@野音行きを決めました。7月!たのしみ!

■MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO
まったくの初聴きのファンクバンド。

■EGO-WRAPPIN'
“キラーチューン”をあまりやらなかったので、お客さんの減りっぷりがハンパなかったです(笑)。最初、よっちゃんのマイクに赤いランプが見当たらなかったので「節電?」と思いましたが、気付いたらいつの間にかありました。

■ハナレグミ
後ろの方で、ゆったり座りながら。
みどりん、エマーソンさん、おおはた雄一さん…と、豪華なバンドメンバーで。「日々GO GO」もやるとは思わなかったので嬉しかったです。

■LITTLE TEMPO
この頃はまだ晴れていたので、晴れた昼下がりのスティールパン、気持ちよかったです。

■SPECIAL OTHERS
4〜5曲ほど?1曲が長いから短く感じるんですよね。

■東京スカパラダイスオーケストラ
1月の富山以来。震災後の国内ライブはこれが初めて??
「パワーをもらった、ありがとう!」と谷中MCにて。
ワンピ曲初聴き。リオやSoul Growlなどフェス向きなものから、水琴窟まで幅広め。「Just Say Yeah」のメンバー紹介がひどすぎて大笑い。どうしてああなった。


どれもたのしかったです。
posted by ニャゴ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。